ワクワク!大家の幸せになれるブログ

サラリーマン大家の日常、幸せになれる考え方、イメージを綴ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小人口地方物件

今日は大家仲間の848さんと、サウスエリアタウンのコーポAの内見に行ってきた。

これから過疎化の恐れ?もあるかもしれない、総人口2万ちょっとの町である。

賃貸需要も少ないが供給も僅か、大手の参入もあり得ない。

高利回りで短期間に資金回収できることを期待して、車を走らせた。

当初あいまいな情報しかなく期待が先走ってしまったが、土地面積も家賃収入も情報以下であり、正直期待外れであった。

鬼のような指値か丁重にお断りしようと思ったが、内見後に売主さんの経営するスナックで青汁をご馳走になり、世間話をしているうちに断りにくくなってしまった。
売主さんは気さくで人当たりのよいおばちゃんである。
不動産屋の社長さんも人が良く、期待に答えてあげたくなってくる。

苦し紛れに土地値ならと回答しつつお別れする。

帰り途中に早速携帯がなり、売出し価格と土地値の中間金額を提示される。
歩み寄りたいが、そうもいかない。

でも、小さな町の物件も賃貸需給バランスが取れていれば、かなりおいしい。きちんと調査してみよう。

その後、市内の売り出し物件を参考程度に外見しつつ帰途に就く。

物件探しは収穫無しの徒労が多いが、いろんな出会いやドラマがあって面白い。
少しは物件を見る目や判断力、交渉力もついてくるだろうし。
すぐにGET出来なくても、その過程を楽しめればそれでいいと思えた1日であった。

848さん、今日は面白いお話をありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

成功者のオーラを浴びる

先日は浦田健さんの懇親会で貴重なひとときであった。

恐れ多くも隣に座してしまい緊張してまったが、落ち着いていて優しい紳士的な方だったので、気兼ね無く質問等ができた。

印象的だったのは、今まで失敗もピンチも無かったと言われていたことだ。
ピンチ的なことがあると、本のネタに出来るからとやる気になってしまい、結局成功していくというポジティブサイクルで生きている。

また、御利益満載の「満室祈願」にサインを頂けて大感激である。

こんな素敵な方が日本全国の大家のために尽力を注いでおられる。

大家業は今は競争が激しいが、勉強する人には将来は明るいものになりそうだ。

PageTop

昨日は最後の大家検定で、その後の懇親会、舞踏会と実に有意義な一日であった。

当初、物件を所有してないから大家検定は受けなくていいかと考えてしまっていたが、思い直して受講して本当に良かった。

物件は縁物で、やはり所有できる準備の出来ている器のある人の所に行くものなんだと腑に落ちた感じがする。

受講して勉強できたこと、仲間の皆さんからの情報や知恵をいただけたことに大感謝である。

参加していなければ、無謀な投資をして再起不能になっていたかもしれない。

あと、必要なのは実体験。自分を信じて物件入手にトライし続けよう!

PageTop

銀行がコンサルタント

今日は、サラリーマンならよくあることだが、私生活の予定が脅かされる仕事が入ってきて、リタイヤ願望が瞬間MAXと化してしまった。

つい行動せずにはいられず、その勢いで昼休みに銀行に融資相談に伺った次第である。

衝動的すぎて物件に問題があった。
築年アラサー、4/8入居、指値を通して満室化すれば40%、の甘い考えで挑んだが、

・古すぎる
・入居率は最低7割以上必要

で、審査のテーブルに乗せられないとの即答であった。
土地の積算はあるものの、今後の入居の見込みが示せないのであきらめる他無い。

それでも、担当者は快く応じて下さり、良い物件なら融資は確実だ。次へ繋げたい。

冷静に考えるとこの物件に自分なら住みたくない。やはり、自分でも住みたいか少なくとも住んでもいいと思える部屋を提供したい。その方が気分良く大家業が出来るだろう。

銀行はコンサルタントのようなもので、融資基準をそのまま物件の選択基準にすればいい。
無謀な銀行訪問であったが、どんな物件をターゲットにすべきかはっきりさせることができた。

・自分が住みたい、住んでもいいと思える
・平成以降築
・入居率7割以上
・価格が年収の5倍程度まで

これで、積算がそこそこで15%以上なら、速攻GETすべく行動しよう。

ところで、今日はリタイヤ願望全開であったが、実のところ私はリタイヤを目指しているわけではない。

十分な副収入を得て、会社にしがみつくようではなく、道楽のように会社の仕事をする心境を味わいたいのである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。