ワクワク!大家の幸せになれるブログ

サラリーマン大家の日常、幸せになれる考え方、イメージを綴ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

対応を誤る

Dマンションの悪い噂に、自分の気持ちがブレててしまい、M社長に見切りを付けられてしまった。

「買うつもりではいるが、新築時から雨漏りの欠陥があるようなので、物件について調べる時間が欲しい。それと価格についても考慮して欲しい」

と月曜日にTELしていたのだが、M社長の性格と都合を理解していなかった。

購入権のあった私に何の断りも無く見切りを付け、例の悪徳ブローカーへ売り込みをしていたのであった。

M社長は何より昔から付き合いのある売主さんを最優先される。信用を守らねばならない焦りもあったのだろう、確実に売れる相手を確保したいのだ。
素人の私には荷が重すぎ、ベテランに任せた方が良いという配慮?もあったようだ。

噂に振り回されてゴタゴタさせてしまったり、今更物件の欠点を言って値引き交渉する私も悪かった。
現状雨漏りが無いのにそんなことを言われたらカチンとくるのも無理は無い。

でも、購入を断ってないのに、、、 銀行に打診中の都合もあるし、、、
一言言って欲しかったが、もう後の祭りだ。

今は、悪徳ブローカーに購入権が渡ってしまった。
しかし、彼は資金を持っていない。
来週中に彼がスポンサーか買主を用意出来なければ、私にもまだ購入チャンスはある。

でももう執着も期待もしないことにする、どう転ぶかは天に任せるしかない。


さて、Dマンションについてはいろんな噂があるが、ヒアリングしてだんだん本当のところが分かってきた。

借金を抱えた建主が借金返済のために、建築確認書をオーバーに記載(地下有り5階建て)して1億7千万の融資を受けつつ、実際(4階建て)は下請けを叩いて1億円以下で建築したらしい。

完了検査はしていないので、建築確認書と現物が異なっている。これでは改築の申請が難航する。
老人施設構想がこの理由で頓挫したと思われる。

また、そんな当時の事情のため手抜き工事の噂が出てきたのだろう。

それでも、一部分の建築主へのヒアリングによると手抜きは無いはずだと言う。
・コンクリートは良質のものしか売ってない。
・当時は鉄の値段が安く、材料代をケチることは無かった。
・融資のために写真を添付して提出せねばならない。
・住民の騒音苦情から杭打工法がより頑丈な工法に変更された。(変更はより良い工法しか認められないとのこと)

確かに、汚れはあるが壁にヒビ割れもなく築20年にしては躯体はしっかりしていそうだ。

手スリと階段は低価格のもののため、経年劣化はしょうがないがそれ以外は問題ないはずとのことだ。

それから、陸屋根の防水が20年もってるのは上出来らしい。(保証は10年間のみ)

その方に、物件価格1,000万と言ったら「タダみたいなもん」だから買ってしまえと言われた。

「タダみたいなもん」と言いながら、アパマンを買える身分になりたいものだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。